BLOGブログ

ヒートベッドの反り対策製品のご紹介~3M 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB~

ヒートベッドの反りは、FDM方式の3Dプリンタを使う方にとって悩みのタネの一つです。

ABS樹脂で成形すると特に反りやすいです。

 

その対策品として、昨年2016年の秋にとても良い製品が市販されるようになりました。
3M™ 3Dプリンタープラットフォームシート 3099AB

 

3M 3Dプリンタープラットフォームシート3099ABについて

 

210mmx180mmのシートが3枚入っています。

200×200のヒートベッドであればちょうど収まるイメージです。

底面のシールを剥がしてヒートベッドに貼り付けます。

250×200のヒートベッドであれば、40mm分はカットして使うイメージです。

半端分は次回の交換時のために保管しておくといいでしょう。


3M 3Dプリンタープラットフォームシート(3枚入) ABS/PLA対応 3099AB

 

半年以上運用していますが、経験値でしか言えませんが、100mm四方以内のABSであれば反りがなく成形することができます。

それ以上の大きさになると、Z方向への積み上げが25mm以上くらいになると、形状によっては反ることがありますので、万能ではありません。

しかし、従来のカプトンテープよりははるかに成形品質が上がります。

 

また、経験値でしか言えませんが、PLAでは全く反らないと言っても過言ではないです。

 

ヒートベッドにおける反りについてお悩みの方は、是非導入をおすすめします。

 
 

CATEGORY

TAG

ARCHIVE