BLOGブログ

3Dプリンタで治具を製作する具体例

治具製作は3Dプリンタの特性が最も活きますが、こちらの記事は具体例の紹介が豊富で、EIZOさんの太っ腹ぶりが伝わってきます。
年間200種類もの治具を製作するとはかなり習熟している様子が伝わってきます。

 

FDM方式から光造形方式へ移行されたとのことですが、以前のFDM方式の3Dプリンタ造形安定性に問題がありましたが今はかなり安定しています。
当社が動画で製作事例を紹介している3Dプリンタ(Raise3DPro2)であれば、成形条件にもよりますがほぼ失敗することはありません。
 

弊社も支障がなくて客先の許可の得られたものは積極的に公開していくことにします。

 

3Dプリンターで2年間に200種類以上の治具を開発したEIZOから学ぶ4つのポイント

CATEGORY

TAG

ARCHIVE